Fサーモバリア : 遮熱工法

Fサーモバリアの主な機能

Fサーモバリアは、一般の塗料と比べ屋根の温度が10~15度下がります。Fサーモバリアの遮熱工法とは、顔料〔水や油に溶けない白または有色の不透明な粉末〕処方し、工夫することにより太陽光の波長分布中50%(半分)を占める赤外線領域の反射率を高くした、太陽熱高反射塗料です。

特徴

・優れた遮熱性 : 特殊処方で赤外線を反射し、室内の温度上昇を抑制。
・高耐候性 : 特殊シリコン樹脂の採用により、耐久性を向上させて遮熱効果を持続。
・省エネ効果 : 冷房負荷を低減させるなど、高い省エネ効果を発揮する。
・豊富な塗装システム : 目的・用途・下地に応じた塗装システムを組むことが出来る。

・低汚染性 : 粘着性が少なく、耐久性に優れた樹脂を使用することで、高い低汚染性を実現。

用途:適用下地

・鉄部屋根
・スレート
・セメント瓦系
・窯業系素材屋根

PageTop▲

株式会社フロンティア